新着豆紹介の最近のブログ記事

本日、珈琲豆一覧を更新いたしました。
  • ブラジル・マカウバ・デ・シーマ農園が16-17年産に新しくなりました。
  • コロンビア・タママウンテンが終了しましたので、コロンビア・サマニエゴを追加しました。
  • ペルー・フェスパ農園が終了しましたので、コスタリカ・ロス・デュラスノス農園を追加しました。
  • イエメン・アスラル・ハラーズが終了しましたので、イエメン・バニーマタリを追加しました。
以上

これまでご不便をお掛けしておりましたが、珈琲豆一覧を改訂いたしましたので、どの珈琲豆もご注文が可能となりました。

また、下記の珈琲豆を新たに販売を開始いたします。

  • インドネシア・リントンマンデリン(やや深煎り豆)
  • コロンビア・サマニエゴ(中煎り・やや深煎り豆)
  • ペルー・フェスパ農園(中煎り・やや深煎り豆)
  • ブラジル・ダテーラ農園(中煎り・やや深煎り豆)
  • イエメン・アスラルハラーズ(中煎り・やや深煎り豆)
  • コロンビア・サンセバスティアン(中煎り・やや深煎り豆)

明けましておめでとうございます

jp12p_et_0229.jpg
 2012年新春が明けました。
 昨年は東北大震災、台風12号による紀伊半島豪雨など、悲しいことが重なりましたが、昇竜の年である2012年が皆様に大きな喜びをもたらしてくれる年であります様にと祈念いたします。

 アグリス珈琲ビーンズショップの初売りは、1月5日(木)からとなります。ブラジルのコヘーゴ・セコ農園やコスタリカのラ・ピラ農園の珈琲豆が、新着しております。両方の豆とも甘みが強い特長がある豆で、是非ともご来店され、ご賞味いただけると幸いです。
oaklands406-c-L.jpg
  • ケニア・オークランズ農園#406の珈琲豆の販売を開始いたしました。
  • 香り高く華やかで、豊かなボディ。熱いうちは甘みの強い柑橘系の酸、冷めるとフレッシュなオレンジ。みかん、グレープフルーツ、カシス、ダークチョコレートの香味が感じられる豆です。
  • SL種。ウォシュド。天日乾燥。
価格:1,200円/200g

珈琲豆一覧へ

corregoseco-c-L.jpg
  • ブラジル・コヘーゴ・セコ農園の珈琲豆の販売を開始いたしました。
  • 良質なブラジル豆。ナチュラルを生産する期待の農園からの10-11ニュークロップ。カップは柔らかく、ソフトという言葉がぴったりです。果肉が付いたままの状態で乾燥させるナチュラル精製なので、若干厚みのある果実味も感じられる。一般的なブラジルにありがちな濁りはなく、微かに土っぽさが良いコクを生み出しています。
  • Silvio Leiteさんが指導して品質の向上が図られた地域の農園の豆。ブラジル東北部にあるバイーア州は広く、その中のシャパーダジアマンチーナ(Chapada Diamantina)という特定の地域にあり、ブラジルの中では標高が極めて高い(1300m)産地です。
  • カトゥアイ種。ナチュラル精製。天日乾燥。
価格:1,000円/200g

珈琲豆一覧へ


イエメン・バニーマタリ販売開始!!

banimatari-c-L.jpg
  • これまで販売していたイエメン・モカマタリ・サナニに代わり、イエメン・バニーマタリの販売を開始いたします。
  • 「モカ」珈琲の生産は内陸の山岳地方(標高2000m)の段々畑で行われており、中でも有名な産地が、アラビア語で「雨の子孫たち」を意 味するバニーマタル地方です。降雨量の少ないイエメンには珍しく雨が多く、又しばしば霧が掛かることでも有名です。バニーマタル地方の珈琲の木は、原生種 に近く、豆は素朴でありながら気品のある味わいを醸し出すことで知られています。金色の豆が入っていることから、「ゴールデンマタリ」とも呼ばれ、大部分 がイエメンとサウジアラビアの王族御用達として消費されるため、その他の地域で「バニーマタル」を入手することは、大変困難です。
  • 原生種だけが持つモカフレーバーと野性味ある甘酸っぱさが特長で、珈琲のイメージが変わるほど素晴らしい香味です。
  • 在来品種。ナチュラル精製。天日乾燥。

価格:1,200円/200g

珈琲豆一覧へ

 明日6月4日は、アグリス珈琲ビーンズショップを開店して、八周年となります。当店に登録されているお客様には、昨日ご案内を送りましたが、案内状を持参され店頭で200g以上の珈琲豆をお買上げのお客様に、今回、新着豆のコロンビア・タママウンテン農園の豆を50g試飲用として差し上げます。又、珈琲豆の袋を密封するためのクリップも粗品として差し上げる予定です。尚、数量に限りがありますので、早めにご来店をお待ちしております。
 今回の特別セールに当り、新着豆として、コロンビア・タママウンテン農園(1000円/200g)とケニア・オークランズ農園(1200円/200g)を準備してお待ちしております。
 タママウンテン農園の豆は、綺麗な香味、レモンのような爽やかな酸で、酸味とコクのバランスが良い珈琲豆です。
 又、オークランズ農園#406は、香り高く華やかで豊かなボディ。熱いうちは甘みの強い柑橘系の酸で、冷めるとフレッシュなオレンジ、みかん、オレンジ、グレープフルーツ、カシス、ダークチョコレートが感じられる珈琲豆です。