麻那姫湖青少年休暇村での渓流釣り

 9月21日午後から22日にかけて、福井県大野市にある麻那姫湖青少年休暇村にキャンプと渓流釣りに行ってきました。
 シルバーウィークの真っただ中ということで、キャンプ場は70-80組のテントが林立していました。でも、麻那姫湖青少年休暇村は、だだっ広くて、まだ全然余裕でした。
 本来の予定では、当店のお客のS氏も一緒に行く予定でしたが、連絡がうまくとれず、結局私一人の釣り行となってしまいました。
 21日は午後4時半ごろに現地に到着し、まずテントを設営し始めましたが、前回のキャンプでのタープの張り綱の始末が悪く、ぐちゃぐちゃになっており、それを解すのに結構時間が掛ってしまいました。そのため、夕方の釣りは諦め、早めの夕食を作り、早寝して翌早朝からに期待して就寝。
 翌朝は、5時半に起きだし、まずはテンカラ釣りだということで、先日作ったエルクヘアーのカディスを持って、渓流に入り、毛ばりを投入するも全く反応が無い。
 仕方なく、もう一度車に戻り、餌釣りの準備をして、実績のある落ち込みにミミズを付けて投入すると、15cmのヤマメをゲット。しかし、あとが続かず、お昼も近くなったので、取りあえず車に戻り、昼食を準備して、腹ごしらえをした。途中で、キャンパーの人から聞いた昨日釣れたという堰堤に行くことにしました。確実さを狙い、今回は餌釣りです。結構歩いて行くと、堰堤から落ちる大きな水音が聞こえて来たので、川っ縁迄行くと、5m程の崖を降りる必要があり、恐る恐る降りると、そこは大きな滝になっていました。水深は結構深く、大物が居そうな雰囲気でした。何回か滝壺周りを探った結果、20cmの岩魚が釣れ、その後、何度か当たりがあるものの釣れません。そろそろ、帰ろうと思い、降りてきた崖を見上げますが、結構高く、足場が悪い。そこで、もう少し下流に行って上り易い場所をと川を下りながら、ポイントで餌を送りこみました。大きめの石の下流がちょっとした淀みになっている処に、ミミズを送りこむと早速当たりがあり、18cmの岩魚を釣りあげることができました。その後は、当りもなく、段々、水深も深くなり、これ以上は川を下るのが難しいと思い、金網で石を囲った崖を、何とか登ることができました。
 今回の釣果は、この3匹だけでしたが、とても楽しめたと思います。

201500922麻那姫湖釣果.jpg

最近のブログ記事

新年のご挨拶!!
 明けましておめでとうございます。昨年中…
送料値上げのご連絡
 先般より新聞等で報道がされていますよう…
珈琲豆一覧を更新いたしました。是非ご利用ください!!
本日、珈琲豆一覧を更新いたしました。ブラ…