2013年8月アーカイブ

シーカヤック教室参加 第2回目!!

 昨日のお休みに、シーカヤック教室の第2回目を受講してきました。今回は、金沢市在住の男性(私と同年代)と飛騨高山から来られたご夫婦(30歳代後半?)と若い男女ペア(20歳代)の6名でのスクールとなりました。

2013-08-14 13.49.25.jpg

最初に、カヤックを水辺に並べて、出艇の準備をします。2013-08-14 13.51.53.jpg

まずは、岸辺で、カヤックの漕ぎ方の実習です。2013-08-14 14.12.19.jpg

400mほど、岸に沿ってカヤックを漕ぎ、ちょっと休憩です。茶色の手作りカヤックに乗っているのが、「カヌーあいらんど」代表の渡邊さんです。

2013-08-14 4.jpg

休憩後に、沖合1.3Kmにある無人島を目掛けて出発です。結構、波もあり、女性陣はちょっと大変だったようです。島に着くと、風裏で一休みです。

2013-08-14 5.jpg

2013-08-14 6.jpg休憩後に、その先にある小さな島を巡った後、出発地点までのカヤッキングです。来た時よりも波が高いですが、それでも30-50cm程の波高です。

2013-08-14 7.jpg

2013-08-14 8.jpg

大分、出発地点に近づいたころ、大型のジェットスキーと2隻のプレジャーボートが爆音を立てて前方を横切って行きました。さすがに、その引き波は結構大きく、カヤックは前後に揺さぶられました。もっと遠くの沖でやればいいのに、と思った次第です。2013-08-14 9.jpgWEランドのテント村です。思い思いのテントを建てて、夏のお休みを楽しんでいるようです。

2013-08-14 10.jpg

2013-08-14 11.jpgやっと出発した岸辺まで戻ってきました。前回は、カヤックから降りるときによれよれになりましたが、今回は少しましでした。ちゃんとパドルで船を固定して、降りれましたが、やはりよろけました。

スクール終了後に、前回同様にひょっこり島温泉に行きましたが、海水浴の家族連れで一杯で、身体を洗う蛇口が空きません。しょうがないので、ジェット水流の浴槽で体の疲れをほぐした後、シャワーをかけて、出てきました。

 帰りの道は、朝ほど混んでいなくて、2時間足らずで、帰ることができました。

 先日のお休みに、能登島で開催されている「カヌーあいらんど」のシーカヤックの「初めて?」コースに挑戦してきました。ここ最近、近くの橋立港近くの海で、シットオンタイプのシーカヤックでの釣りがはやっており、私もやってみたいなーと思っていましたが、伝手もなく、一度も乗ったこともないので、どこかでカヤック教室がないかなーと思って、ネットで調べたところ、能登島で「カヌーあいらんど」さんが、能登島周辺でシーカヤック教室を開催していることが分かり、7月30日(火)の午後の「初めて?」コースを申し込みました。7月28日(日)は石川県地方が記録的な大雨で、小松市を流れる梯川の堤防決壊の恐れがあるとして14000人余りに避難指示あるいは避難勧告が出された後でしたので、本当に海は大丈夫かと心配しながら、能登島までの約100Kmを走りました。金沢周辺では、まだ小雨が降っていましたが、能登島はもうすっかり雨も上がり、曇り空ながら暑い夏日となっていました。     2013-07-30 11.10.29.jpg

  2013-07-30 11.39.27.jpg  

ひょっこり島の海水浴場はご覧のように、波もなく穏やかで、絶好の海水浴日和となっていました。

2013-07-30 11.39.37.jpg

 金沢のスイミングクラブの子供たちも、夏の海水浴に来ていました。

2013-07-30 11.52.07.jpg

イルカウォッチングができる港もこのようにとても静かな状態でした。

2013-07-30 15.36.39.jpg

能登島のキャンプ場からの出艇ということで、事前にパドルの使い方やカヤックへの乗船の仕方、カヤックから落ちた時の対処方法などのレクチャーがあり、さっそく乗船することになりました。上記のカヤックが私が乗った船です。約4mのポリエチレン製の船で、少々重いがとても強固な船ということで、約24Kgのカヤックを一人で水際まで運び、乗船しました。

 最初は、近くで実際にパドルの使い方やカヤックの操縦法などを習い、その後沖合2-3Kmにある無人島までツーリングとなりました。当日は、私のほかに東京から来たY氏ペアと3人だけでしたが、少ない人数のため、内容は濃かったと思います。海での写真は、携帯を濡らさないようにと、車に置いて出艇したので、「カヌーあいらんど」の代表渡邊氏のカメラだけとなりました。撮った写真は後日送ってくれるとのことでしたので、第2弾でお知らせいたします。

 約2時間のカヤック体験が終わり、無事キャンプ場の出艇場所まで戻り、カヤックから降りようとしたら、結構足腰を使ったため、よれよれの状態で、体をカヤックから出すのもやっとという状態でした。

  2013-07-30 15.37.02.jpg

上陸後、カヤックに入った水を排出して、元あった場所に戻し、午後のスクール修了となりました。汗と塩水ですっかりビチョビチョになったので、ひよっこり島の温泉(入場料450円と格安)で、汗と塩を洗い流してから、帰宅しました。 2013-07-30 11.37.41.jpg

海上での写真は渡邊氏から写真を貰ったらご報告しますので、お楽しみに!!