2012年9月アーカイブ

SCAJ2012出張報告

 LCF総会の翌日の26日はスペシャリティ珈琲の展示会SCAJ2012の初日でした。会場は例年通り、東京ビックサイトの西館2階で開催されました。

  P1010756-s.jpg

 会場では、世界各国の珈琲協会や輸出業者、日本の輸入業者、その他珈琲に関する業者の出店があり、とても参考になる展示会です。

P1010747-s.jpg

P1010748-s.jpg P1010749-s.jpg P1010750-s.jpgジャマイカのブースでは、ブルーマウンテンの試飲があり、味見をしました。とても癖のない味で、飲みやすい味だと思いますが、もっと美味しい珈琲もあるように思いました。

P1010751-s.jpg

P1010755-s.jpg このほかにもジャコウネコが食べた珈琲豆が消化されずに糞と一緒に排出した珈琲豆を集めて、出荷するインドネシアのルアック珈琲も出展していました。ロンドンでは1杯100ドルもするという珈琲を試飲しましたが、さほどの付加価値があるのかと首をかしげました。その農園では25匹のジャコウネコを飼っているそうです。

 会場の隅で変わった展示がありました。

P1010754-s.jpg

 なんとビクターのウッドコーンスピーカとCD、DVD、USB音源を再生するシステムを一体にした商品が展示されていました。10年前まで勤めていた会社の商品であり、近年、ウッドコーンスピーカを全面に出していると聞いていましたので、とても懐かしく思い、出展者にお話を聞きました。

 ビクターが直接製作した商品ではなく、ビクターの商品を自製したキャビネットに組み込んだ商品となっていました。小さなスピーカですが、音場感はとても素晴らしく、テレビの横に置いて、DVDの再生等に使うと、劇場で聞いている音のように感じました。ただ、価格が30万円弱ということで、即断できる価格ではありませんでしたが、すでに7名の予約がされていました。25台限定ということで、展示会中に売り切れるかもしれませんね!! 私も欲しいなーと思った次第です。

LCFグループ総会出席

 9月25日(火曜日)に東京ビックサイト近くの青梅フロンティアビルで、LCF総会が開催され、私も参加してきました。

 最初に、パナマのコトワ農園のオーナーであるリカルド氏が、各コトワ農園の特長や栽培方法、精製方法などを詳しく講演されました。パナマという国は、北に大西洋、南に太平洋があり、狭い所では60Km程の幅しかなく、山の位置によって、大西洋側の気候と太平洋側の気候があるため、とても複雑な気候条件となるそうです。このことで、そこの珈琲豆は、同じ品種であっても異なる香味を持つと言われます。コトワ農園でもその気候をうまく使って、種々の珈琲豆を栽培しています。

P1010742-s.jpg

P1010744-s.jpg 約2時間の講演の後、参加者全員の記念写真を撮ろうということになり、

P1010745-s.jpg

90名ほどの写真となると、なかなか時間がかかりました。その後、食事時間となりましたので、私も1階のコンビニにお弁当を買いに行って、会場に戻ったら、各お店の方が、リカルド氏と記念写真を撮っていました。

P1010746-s.jpg

左にいる方が、リカルド氏の奥様で、昨年のグァテマラのサンタカタリーナ農園のオーナーの奥様も綺麗でしたが、リカルド氏の奥様もとてもお綺麗で、うらやましい限りでした。

 午後の総会は、今後の展望や調達方針、運営方針改定、東ティモール出張報告等があり、厳しいお話もありなかなか気の抜けない総会となりました。

 総会終了後、新橋での懇親会に参加しましたが、私が座った横には、同じ石川の二三味さんが座り、その前に堀口さん、私の前には台湾の三上さんの奥様が座られ、とても楽しい懇親会となりました。三上さんの奥様は、台湾の方で、日本語が堪能で、仕事はプライベートバンクに勤められているとのことで、有力な投資先を聞こうとしましたが、基本的に1000万円以上の預金をされている方々への投資サービスと言うことで、具体的な話は無理でした。

 4月から「こまつマルシェ」で珈琲豆を販売してきましたが、9月末を持って「こまつマルシェ」が閉店することになり、残念ながら「こまつマルシェ」におけるアグリス珈琲の珈琲豆販売は、本日を持って終了することとなり、先ほど、商品を全て引き上げてきました。

 約6ヶ月間の販売でしたが、ご贔屓にしていただいたお客様には、心より御礼申し上げます。

 尚、能美市緑が丘のアグリス珈琲ビーンズショップは、従来どおり営業しておりますので、スペシャリティの珈琲豆をお買い求めの方々は、芳珠記念病院の横向かいにある当店まで、ご足労をお願い申し上げます。

アグリス珈琲ビーンズショップ 店主敬白

本日より、下記の商品を「こまつマルシェ」店内で販売中です。

[ブレンド珈琲豆]

    • アグリスブレンド(中煎り豆)   800円/200g
    • 辰口ブレンド(やや深煎り豆)  800円/200g

[ストレート珈琲豆]

    • ブラジル・カリフォルニア農園(中煎り豆/やや深煎り豆)  1000円/200g
    • [有機栽培]コロンビア・オズワルド農園(中煎り豆/やや深煎り豆)  1000円/200g
    • グァテマラ・サンタカタリーナ農園(中煎り豆/やや深煎り豆)  1000円/200g
    • ブルンジ・Nzoneステーション(中煎り豆/やや深煎り豆)  1000円/200g
    • [有機栽培]エルサルバドル・サンタテレサ農園(中煎り豆)  1000円/200g
    • イエメン・バニーマタリ(中煎り豆/やや深煎り豆)  1200円/200g

注記:珈琲豆は、鮮度維持のため冷蔵ショーケース内で販売しております。なお、全ての珈琲豆は、粉ではなく豆でのご提供となります。なお、店内に珈琲ミルを設置しておりますので、セルフサービスで珈琲豆を粉に挽くことが無料で可能です。是非ご利用ください。

[リキッドアイス珈琲]・・・・残りごく僅かとなりました。お早めに!!

 アグリス珈琲が選んだアラビカ種のスペシャリティ珈琲豆だけを、特別に「ごく深煎り」に焙煎し、手間のかかるネルドリップで丁寧に抽出し、パック詰めをしました。

 ブラジル豆で苦み、コロンビア豆とグァテマラ豆で複雑さと甘みを、マンデリンでコクと深みを表現し、後味が爽やかな本物のリキッド珈琲を実現しました。

    • リキッドアイス珈琲(無糖) 1000ml入りパック  680円/本

リキッド珈琲-s.jpg

[珈琲用品]

    • コーノ式珈琲ドリッパー「ドリップ名人」(1-2人用)  430円
    • コーノ式珈琲ドリッパー「ドリップ名人」(2-4人用)  500円
    • コーノ式円錐ペーパーフィルター(1-2人用)  340円
    • コーノ式円錐ペーパーフィルター(2-4人用)  500円

こまつマルシェ販売品目(9月6日より)

本日より、下記の商品を「こまつマルシェ」店内で販売中です。

[ブレンド珈琲豆]

    • アグリスブレンド(中煎り豆)   800円/200g
    • 辰口ブレンド(やや深煎り豆)  800円/200g

[ストレート珈琲豆]

    • ブラジル・カリフォルニア農園(中煎り豆/やや深煎り豆)  1000円/200g
    • コロンビア・タママウンテン農園(中煎り豆/やや深煎り豆)  1000円/200g
    • グァテマラ・サンホセオカニャ農園(中煎り豆/やや深煎り豆)  1000円/200g
    • エチオピア・イルガチェフェG2(中煎り豆/やや深煎り豆)  1000円/200g
    • 東ティモールPWJ仕様(中煎り豆)  1000円/200g
    • インドネシア・LCFマンデリン(やや深煎り豆)  1000円/200g

注記:珈琲豆は、鮮度維持のため冷蔵ショーケース内で販売しております。なお、全ての珈琲豆は、粉ではなく豆でのご提供となります。なお、店内に珈琲ミルを設置しておりますので、セルフサービスで珈琲豆を粉に挽くことが無料で可能です。是非ご利用ください。

[リキッドアイス珈琲]----残りわずかとなりました。!!

 アグリス珈琲が選んだアラビカ種のスペシャリティ珈琲豆だけを、特別に「ごく深煎り」に焙煎し、手間のかかるネルドリップで丁寧に抽出し、パック詰めをしました。

 ブラジル豆で苦み、コロンビア豆とグァテマラ豆で複雑さと甘みを、マンデリンでコクと深みを表現し、後味が爽やかな本物のリキッド珈琲を実現しました。

    • リキッドアイス珈琲(無糖) 1000ml入りパック  680円/本

リキッド珈琲-s.jpg

[珈琲用品]

    • コーノ式珈琲ドリッパー「ドリップ名人」(1-2人用)  430円
    • コーノ式珈琲ドリッパー「ドリップ名人」(2-4人用)  500円
    • コーノ式円錐ペーパーフィルター(1-2人用)  340円
    • コーノ式円錐ペーパーフィルター(2-4人用)  500円

臨時休業のお知らせ

 お客様には、大変申し訳ありませんが、9月14日(金)-15日(土)は、都合により臨時休業させていただきます。(通常、毎週火曜日と水曜日が定休日となっております)