新型インフルエンザへの対応が変!

 先週末に来店されたお馴染みの小児科勤務医のTさんに聞いたところ、本来の仕事である医療以外の仕事が多くて大変とのこと。厚生労働省は、新型インフルエンザのワクチン製造の対応遅れから始まり、ワクチン接種が1回になったり2回になったり、最終的には1回に落ち着いたが、現場の混乱を考えていない。それに輪をかけるのが、TVのニュース報道である。首都圏でワクチン接種の前倒しの話がニュースになると、すぐ、対象の子供を持つ親から病院に問い合わせが来る。一応、ニュースでは地域によって遅れるとのコメントはされるが、地方の病院ではその問い合わせに右往左往させられ、病院の本来の業務に支障が出ているそうです。
 現在のところ、ワクチンは少量しか配布が無く、それもいつ配布されるかも決まっていないので、今日明日といっても不可能だという。対応として、その病院では受付順番を告げて、HPでいつその番号の人がワクチンを接種できるかを掲示するようにし、指定の曜日に接種できるような体制となったそうです。
 これほどインフルエンザ患者が増えると、お店を開けてここのお客様に対応している私としても、人事ではないなー思います。体力低下を起こさないようにして、風邪を引かないよう注意していかないとと思っています。病院がすぐ前というのも良いのやら悪いのやら・・・

最近のブログ記事

アイス珈琲発売開始!!
例年大好評のアイス珈琲が、ようやく出来上…
喫茶部門の営業中止のお知らせ
 昨今のコロナウイルスまん延の状況から、…
代引きでの発送について
皆様にお不便をおかけしておりましたが、本…