2009年11月アーカイブ

倶利伽羅不動尊に行ってきました!

 先日、朝日新聞の情報欄に「倶利伽羅峠界隈紹介」の記事があり、今までに一度も行ったことが無かったので、昨日のお休みに行ってきました。
 目的は、道の駅(倶利伽羅塾?)と倶利伽羅不動尊参拝でしたが、新聞の地図があまり正確ではなく、ナビでのドライブとなりました。最初にナビに入れたのは、電話番号があった道の駅でした。途中の山側環状線の津幡周辺の接続部分が、私の車のナビ情報が古くて、繋がっていませんでした。行き過ぎるといけないと思い、森本方面との道路案内で下道に下り、旧8号線を倶利伽羅方面に向かいました。途中から津幡バイパスに入りましたが、結局山側環状線と繋がっており、まっすぐ行けばよかっただけでした。
 道の駅周辺まで来たら、昨年七尾に行った帰りに寄った道の駅だったことがわかり、ちょっとがっかりしたのですが、何か美味しそうな物産が無いかと売店を訪れました。津幡周辺ではマコモ関連商品が開発されており、マコモ寿司(押し寿司)なるものがありましたが、あまり美味しそうではなかったので、昼食用としてザバ寿司を買い求めました。一緒に、栃餅もおやつに買って、車内で食べましたが、サバ寿司はちょっと締め方が甘いような感じで、もうひとつでした。栃餅は白峰産と比べても大変美味しかったです。
 さて、倶利伽羅不動尊ですが、道の駅から15分ほどの山上に鎮座していました。
P1010222.jpg
倶利伽羅不動尊の大黒天と恵比寿

P1010223.jpg
参道階段

P1010224.jpg
倶利伽羅不動尊
P1010225.jpg
境内からの眺め
 晩秋のちょっと寂れた雰囲気の不動尊でした。でも商売熱心なのか大黒天や手洗い処などには、スピーカが設置され、常時お経が流れていました。また、賽銭箱も全ての箇所に設置されているので、その全てにお参りするとかなりの賽銭になります。聞くところによると、富山県や石川県から商売繁盛を願って沢山の参拝があるそうです。

新型インフルエンザへの対応が変!

 先週末に来店されたお馴染みの小児科勤務医のTさんに聞いたところ、本来の仕事である医療以外の仕事が多くて大変とのこと。厚生労働省は、新型インフルエンザのワクチン製造の対応遅れから始まり、ワクチン接種が1回になったり2回になったり、最終的には1回に落ち着いたが、現場の混乱を考えていない。それに輪をかけるのが、TVのニュース報道である。首都圏でワクチン接種の前倒しの話がニュースになると、すぐ、対象の子供を持つ親から病院に問い合わせが来る。一応、ニュースでは地域によって遅れるとのコメントはされるが、地方の病院ではその問い合わせに右往左往させられ、病院の本来の業務に支障が出ているそうです。
 現在のところ、ワクチンは少量しか配布が無く、それもいつ配布されるかも決まっていないので、今日明日といっても不可能だという。対応として、その病院では受付順番を告げて、HPでいつその番号の人がワクチンを接種できるかを掲示するようにし、指定の曜日に接種できるような体制となったそうです。
 これほどインフルエンザ患者が増えると、お店を開けてここのお客様に対応している私としても、人事ではないなー思います。体力低下を起こさないようにして、風邪を引かないよう注意していかないとと思っています。病院がすぐ前というのも良いのやら悪いのやら・・・

ホームページ更新中!!

 何とか珈琲豆の購入が可能になりました。
 結局、レンタルサーバーの設定をちょっと変えただけでしたが、それが全てを変えてしまいました。
 ちょうど、MTもバージョンがアップしたので、その対応も図れましたので、取りあえずは良かったのかもしれません。後は、以前のブログを復活させることが、今後の課題です。これが結構手間なんですね。

 今回のホームページは、以前とは変わって上部にある「珈琲豆一覧」のボタンを押して、珈琲豆一覧を表示させてから注文するように変更いたしました。一手間掛かりますが、トップページに新着豆のご紹介等の告知が出来るほうが、使いやすいのではと思っています。ただ用品一覧やお支払い方法と送料などは、これから順次内容をアップしていきますので、もう暫くお待ち願います。

 また、これまで支払いは全て後払いで取り組んできましたが、一部のお客さんが商品到着後1ヶ月を過ぎても、代金の振込みが無いなどのトラブルが発生しておりますので、初回に限り先払いか代金引換での支払いとさせて戴くよう、ルールの変更を致しました。お手数ですが宜しくお願いいたします。
 なお、これまでに実績のあるお客様には、従来のように、後払いでのご利用が出来ます。

ホームページの再構築中!

先般、レンタルサーバーの設定を少々変更したところ、ホームページが見れなくなり、色々と直していたのですが、結局プログラムを入れ替えました。ちょうどMT-4もバージョンアップしなければと思っていたので、これ幸いと本日実施しております。今日はお店がお休みですし、お天気も悪いので、家に篭って作業しています。

以前勤めていた会社のお友達が来店!!

 お店を始める前に、長年務めていた会社のお友達お二人が、昨日、当店に来られました。9月末に横浜工場に珈琲豆を販売に行ったとき、お二人にお会いして、色々とお話をしました。その後、お二人が「アグリス珈琲に訪れて、それから能登を旅しよう」ということになったようです。
P1010219.jpg 12時10分小松空港着の飛行機で来られたので、出迎えに行ってお店で簡単なランチを召し上がっていただきました。会社に居たころの話や、現在の会社の状況など、話に花が咲いたあと、金沢駅近くのホテルまで車でお送りしました。彼女たちのその後の予定としては、東の茶屋街や兼六園を夕方まで見学し、翌日、輪島方面に行く観光バスを利用して、輪島周辺を観光すると言っていました。今頃は、輪島から帰り、近江町市場内の美味しいお魚を食べさせるお店で、お料理を堪能しているのではないかと思います。石川には、まだまだ沢山の観光地がありますので、次回はもう少し余裕のある日程でお越しになると良いと思います。
 それでは、次回12月に、また珈琲豆を持って横浜に伺いますので、その節は、沢山の珈琲豆を買っていただけると幸いです。


長浜黒壁スクエア訪問記

先日のアグリス珈琲の連休に、滋賀県の長浜にある黒壁スクエアに行ってきました。明治33年に第百三十銀行長浜支店が建てられ、壁が黒壁だったことから黒壁銀行と言われた。和洋折衷の重厚な建物は、その後さまざまな変遷を遂げ、平成元年(1989)に「黒壁一号館・黒壁ガラス館」としてオープンし、ガラス事業を中心とした町を形成したそうです。
 石川県にも能登島にはガラス美術館があり、何回か行きましたが、店内で使うようなガラス食器は売っていなくて、作家物ばかりで高価でした。今回の訪問は、安価なガラス食器を探すことも予定していました。
 また、お客さんから「黒壁スクエア」にある石釜パンが美味しいとも聞いていたので、それも楽しみにしていました。
黒壁スクエア内お店.jpg黒壁スクエア内店舗
黒壁美術館-1.jpg黒壁ガラス美術館-1
黒壁美術館-2.jpg黒壁ガラス美術館-2
全日本愛瓢会本部-1.jpg全日本愛瓢会本部-2.jpg全日本愛瓢会本部と軒下の瓢箪
大通寺-1(参道商店街).jpg大通寺参道商店街
大通寺-4山門.jpg大通寺山門の竜の彫り物
全通寺-2.jpg大通寺-1
大通寺-3.jpg大通寺-2(本堂)
 平日の小雨の日でしたが、黒壁スクエアには観光客が結構居て、週末や休日はさぞかしと思える人出でした。最初の予定だった石釜パンは定休日で、もう一軒のパン屋もお休みでした。なぜ、同じ業種のお店が同じ曜日に休むのかなーと不思議に思いました。お客様の利便性を考えたら、定休日をずらすことを考えたら良いのに。
 また、ガラス食器はやはり作家物が多く、一部の雑貨は、私の欲しいものとは異なり、結局買わず仕舞いでした。お昼になったので、食事をしようとしたら、雨が降り出し、慌てて近くのお店に入ったのですが、ランチはパスタが3種類あり、手ごろな価格のパスタを頼みましたが、やはり観光地の食事は、期待できないお味でした。その他に近江牛のステーキを出すお店もあったのですが、転倒のメニューを見るととても高額な設定なので、止めました。
 帰る前に、近江牛で作った牛マンなるものを買い求めて食べましたが、価格はなんと8cm径ほどの小ぶりな饅頭で1個350円(?)でした。お店のご主人曰く、「中に近江牛のすき焼きが入っているので、こぼさない様にして、熱いうちに食べて」と言われ、車に乗ってから、近くの公園の駐車場に行って食べましたが、肉の旨みより塩味が強く、横浜中華街の肉まんの方が美味しいと感じました。
 結局、かみさんが自分用に買った洋服と豆専門店で買い求めた数種類の豆菓子が、納得行くお土産となりました。